コンテンツへスキップ

ビジネスシーンで活用される英会話

私は大学で外国語学部英米語学科を専攻していた為、就職にあたって何らかの形で英語が活かせる仕事に就きたい、と考えていました。
その上で、商社の貿易部門の貿易事務職に就きました。

学校で英語を勉強していたとはいえ、いざ英語でメールを書いたり、書類を作成するのは、最初は簡単ではありませんでした。
最初の頃は、本当に簡単な内容のメールを書くのにも時間がかかってしまっていました。
基本的な事を、そこそこメールでそつなく、時間をかけずに書けるようになるのに、大体半年くらいかかったと思います。
加えて、貿易事務職は書類(INVOICE、PACKING LISTなど)や経理書類、商品の仕様書など、ほとんどが英語です。
経理に関しては帳簿を英語で作成するような感じでした。

学校で勉強する英語が、仕事で役に立つのか?というと、現場ではなかなか大変です。
そこは仕事を通して、毎日が勉強の連続です。それこそ、英語で帳簿をどうやって作成するのか、学校ではなかなか教えませんからね。
仕事柄かもしれませんが、英語は毎日が勉強の連続だと思います。

英会話はビジネスシーンでしばしば利用されるものとなりつつあるのではないでしょうか。

海外で本格的にビジネスを行う企業では、特にこうした傾向が強いと認識されています。社員に対して英会話教育が展開される機会も、かつてに比べると飛躍的に増加しているのではないかと思います。
そのため、積極的にビジネスシーンにおいて英会話を多用し、新たなビジネスチャンスを開拓することに役立てる流れが普遍的なものとして認識されていると言えるのではないでしょうか。
英会話がビジネス関連の場面で利用される場合には、非常に多くの国や地域の企業とのやり取りがスムーズ進められるでしょう。最近ではアジア諸国における英語の活用が盛んに展開されており、新たな海外ビジネスの機会を構築するきっかけになるとみられています。
今後も多くの企業において、ビジネスシーンにおける英会話の活用がより積極的に展開されていくものとみられているため、関心が示されています。

オーディオ|女性の人生|クレジットカードの即日発行じゃけん|貯蓄|アフィリエイト相互リンク|住宅リフォーム総合情報|女性向けエステ.com|英語上達の秘訣|GetMoney|お家の見直ししま専科|JALカード|マッサージのリアル口コミ.com|ショッピングカート|英語上達の秘訣|お小遣いNET|